母子家庭 無職 キャッシング

養育費は収入になる?無職の母子家庭がキャッシングすることはできるのか

母子家庭で無職。
非常にお金を借りるのが厳しい材料が揃っていますね。

 

養育費があるのだから、収入と認定してもいいのでは?と言う風潮もありますが、そこは大きく違います。
養育費は収入ではなく、生活費です。

 

養育費の性質は、生活保護費のお金を自由に使えるバージョンと考えれば分かり易いでしょうか?なかなか養育費を今貰える母子家庭は少ないです。

 

この状態でキャッシングをしてお金を貸してくれる正規業者は大中小に関わらず先ずないでしょう。あったら怖いです。

 

この状況で待っていましたと思っているのは闇金です。闇金は、養育費を担保に取ってしまいますからね。

 

この闇金の世界では養育費は、非常に大きな価値を持ちます。

 

正規業者では無価値だったものが、闇金になると立派な収入とみなされるのですから世の中どうにかしています。

 

しかし、これが悲しいかな現実なのです。お金を借りたくて借りられない人はたくさんいます。

 

それでも皆さん闇金には手を出しません。

 

キャッシングは諦め闇金に嵌るな!!

ここまで書いてわかったと思いますが、この母子家庭・無職でお金を借りるのは非常に厳しいのがわかったと思います。

 

皆さんがよく勘違いするのが、母子家庭だからお金が借りられないと思っていませんか?
母子家庭だけが理由で借金が出来ないと言う事はありません。

 

このケースの場合は無職と言う点が一番大きな要因です。
そこに母子家庭と言う要素が加わっているだけです。

 

母子家庭と無職がセットにこのケースはなっているので、条件が厳しくなっていると言う事です。
母子家庭の場合、母が働きになかなか出られない状況が多いです。

 

その辺りが母子家庭の弱みです。母子家庭でもとことん働くお母さんはいます。

 

しかし、それは全体の数字から見るとかなり低いです。闇金しかお金を貸してくれる可能性はこの状況ではありません。

 

なかなか厳しい所ですね。今後の事を考えてもキャッシングは諦めた方が賢明です。

 

あまり、キャッシングに拘らない事です。どうしてもお金を借りたいなら自ら収入を付ける事です。

 

生活が苦しいnavi生活保護受ける前に!お金を借りたい母子家庭・シンママの方へ サイトトップへ