パート主婦だけど、正社員と偽ってキャッシング

主婦がパートなのに正社員と偽ってキャッシング申し込みをした場合

パート主婦が正社員と身分を偽って審査を受けると、この時点では特に何も起きません。

 

ここだけの話、パート主婦だけど、正社員と偽ってのキャッシングは、申し込んだ者勝ちです。
パートと正社員の見分けがつきませんからね。

 

在籍確認の電話でわざわざ、社員の○○さんいますか?と在籍確認をする会社はありません。
その為、身分を偽って借りた者勝ちです。

 

どんどんこの方法で借りた方がいいですよ。
普通のサラリーマン何かは年収を平然と偽って借りていますからね。

 

正直者は馬鹿を見るの典型的な例です。
サラリーマンが年収を偽っているのですから、パートを正社員と偽っても何ら問題はないでしょう。

 

但し、正社員と身分を偽ったので、融資金額が大きくなってしまったと言うケースがよくあります。
この場合、お金は必要以上に融資されますから、ここでお金を使い過ぎない事です。

 

パート勤務ですから、それなりにお金は小さく借りておきましょう。
使い過ぎに注意です。

 

偽った身分なので慎重に

パート主婦だけど、正社員と偽ってキャッシングしています。
これは、サラリーマンが年収をごまかすのと同じ手法です。

 

つまり正社員と身分を偽って申し込んだ時点で、年収はサバを読んでいる訳です。
当然、身分を偽ってお金を借りていますから、本来より多くお金を借りています。

 

ここに注意しないといけません。
パートなのですから、相当収入はサバを読んで金額を入力をしているはずですから、ここが大きな問題です。

 

何とか借り過ぎない様にしないといけません。
お金がたくさん手元にきますから浮かれない事ですね。

 

ここは冷静にお金を借りたら余分なお金を借りない事です。
パートを社員と偽る事はそんなに罪悪感を感じる事はないでしょう。

 

そんな事を気にしていたら、年収をサバを読むサラリーマンなんて夜も眠られなくなってしまいます。
後はキチンと返済さえしていれば全く問題はありません。

 

返済が滞った時が大変です。絶対にこのケースは返済を遅れてはいけません。
返済期日は必ず守る事です。

 

生活が苦しいnavi生活保護受ける前に!お金を借りたい母子家庭・シンママの方へ サイトトップへ