年収を偽ってキャッシング

年収を偽ってキャッシングをしてしまった!審査に通ったけど、一体どうなるの?

収入証明が必要になるラインよりも下の金額であれば年収を偽ってキャッシングする事は、大した問題ではありません。

 

問題は思ったより多くお金が借りる事が出来るのでしっかり、返済が出来るかどうかです。

 

ここが一番重要と言ってもいいのではないでしょうか?返済は当然収入が多い訳ですから、普通に返済しないと辻褄が合わなくなってきます。

 

その為返済がしっかり出来る自信が無ければ、余り年収のサバを読むのはやめておいた方が得策です。

 

返済に関してはある程度自信がないと、実際に年収をごまかしてお金を多く借りる事に成功しても、返済をどうすればいいのかでは困ります。

 

年収を偽ってキャッシングしているのですから、そこはガッチリ正面から受け止めないといけません。
大きく借りたら、それ相応の返済をすればいいのです。

 

それが出来ないなら年収を偽ってはダメです。借りる資格がありません。

 

返済がきつくならない程度に

年収を偽ってキャッシングしている訳ですから、常に堂々としていなくてはいけません。

 

返済に関しても勿論計画的にしておかないと後でとんでもない目に遭います。

 

そうならない為には返済がきつくならない程度にしておくことが非常に重要です。

 

年収を400万円の所600万円と偽った場合。
総量規制上400万円は、133万円が上限ですが、600万円と年収を虚偽申告した場合200万円が上限となります。

 

その差67万円です。67万円はかなりの大金です。
ここを慎重に考えなくてはいけません。

 

年収を偽ってのキャッシングは、自分自身で自分の首を絞めている行為と同じです。
一歩間違えると大変な事になります。炎上したら大変です。

 

ここはいくら多めの枠が来たからと言って、それを真に受ける必要はありません。
いちいち真に受けていたら大変です。

 

一番肝心な事は自分の返済能力をよく考え、この金額までは確実に返済出来ると言うライン以上は借りない事です。

 

慎重にここはいかないといけません。

 

生活が苦しいnavi生活保護受ける前に!お金を借りたい母子家庭・シンママの方へ サイトトップへ